協賛イベント・JCI東北支部「コンクリートの診断技術研鑽のための勉強会」のお知らせ

例年12月頃に実施しております技術講習会ですが、今年度は本会協賛・日本コンクリート工学会東北支部主催の「コンクリートの診断技術研鑽のための勉強会」のご案内を持って代えさせていただくこととしました。

申し込みは、下記またはJCI東北支部ウェブサイトにてご確認のうえ、直接お申し込みください。

 

東北支部 第17回「コンクリート診断技術研鑽のための勉強会」 オンデマンド形式(無料)開催のお知らせ -参加募集- 主 催:日本コンクリート工学会 東北支部          日本コンクリート工学会東北支部では、コンクリートの診断技術研鑽のための勉強会を2005年度から毎年開催しています。今年度も昨年度に引き続きオンデマンド形式の勉強会として、下記の内容で実施することにいたしました。 この勉強会では、主に東北地方におけるコンクリート構造物の診断技術に関する実践的な最近のトピックスを取り上げ、4件の講演をオンデマンドで配信します。 関係各位、お誘いのうえ、ふるってご参加くださいますようお願い申し上げます。

  1. 配信期間:2022年12月5日(月)〜12月23日(金)

  2. 配信方法:Zoomによるオンデマンド形式(予定)    1講演につき約30分程度、全体で約2時間となります。

  3. プログラム(予定): 1)開会挨拶および趣旨説明   阿波 稔(日本コンクリート工学会東北支部 研修委員長 八戸工業大学教授) 2)講演   ①「東北地方の建築施工における寒中コンクリート工事」   西脇 智哉氏(東北大学大学院工学研究科 都市・建築学専攻 准教授)   ②「鉄筋コンクリート造建物の耐力度調査について」   西田 哲也氏(秋田県立大学 システム科学技術学部 教授)   ③「コンクリート水利構造物からの石灰石の溶脱現象について」   北辻󠄀 政文氏 (宮城大学食産業学群 食資源開発学類 教授)   ④「東北地方における橋梁の劣化・損傷の現状と課題」   飯土井 剛氏 ((株)復建技術コンサルタント 構造技術部)

  4. 参加費:無料

  5. 定員:150名

  6. 申込方法:JCI東北支部ウェブサイトの<募集・公募>からご確認いただき、お申込みください。申込み確認後、勉強会参加(動画配信)用のURLをお知らせいたします。

  7. 申込期限:2022年11月29日(火) ※定員(150名)に達し次第〆切となります。

  8. 問合せ先:〒980-0012 宮城県仙台市青葉区錦町1-7-25   (株)復建技術コンサルタント内  金 貴之   TEL:022-217-2034/FAX:022-265-9309   E-mail:tkon@sendai.fgc.co.jp

以上

最新記事

すべて表示

本日の技術講習会(軍艦島ライブ中継)へのご参加ありがとうございました。 受講された会員のうち、CPD申請をされる方は、下記の提出をいたします。 受講して得られた所見(学びや気付き)を100文字以上で提出して頂きます。この所見書式は自由です。 土木学会以外の団体に提出する場合の方法等は提出先団体に事前にご確認ください。他団体が運営するCPD制度に関する内容については回答いたし兼ねます。 CPD受講証

第20回技術講習会は、世界遺産となりました軍艦島こと端島の住宅群を、zoomを用いたオンライン現場見学会としてリアルタイムで配信いたします。昨年12月の第18回技術講習会にて「歴史的建造物の保存・修復 ~鉄筋コンクリート構造物の現状と課題~」の内容で講演頂きました、濱崎 仁先生(芝浦工業大学)にもご参加いただきます。当時のご講演にあったJCI共通試験についても、現場からご説明していただく予定です。